DHAサプリの糖尿病に対する効果について

糖尿病には気をつけよう
糖尿病になりやすい方は親の遺伝というケースも多いですが、不養生な生活習慣が関係していることも多いです。生活が乱れていると栄養不足、ストレス、血行不良などにより、血糖値が急上昇してしまうことがあります。生活習慣のバランスが崩れている方におすすめのサプリが「DHA」であり、血糖値の急上昇を抑えてくれることがわかっています。血糖値は同じ数値まで上昇するとしても、そのスピードが遅いほど内臓全般への負担が軽減するのです。特にすい臓への負担軽減によって、インシュリンの分泌を安定させることができます。DHAサプリは糖尿病に悩んでいる方はもちろん、高血糖の方にもおすすめです。将来の成人病を防ぐためにも、食生活のバランス維持とDHAサプリの飲用を実践しましょう。

クロセチンとDHAサプリの関係

疲れ目の原因は、目のピント調節機能が深く関係していると言われます、遠くの方を見たり近くを見たりできるのは、水晶体を変形させてピントを合わせているからです。
スマートフォンやパソコンの画面をみたり読書する距離は、毛様体がもっとも緊張します。毛様体とは、目の筋肉のことです。文字を長時間見続けたり、目が疲れやすいディスプレイを使用し続ければ、目が疲労します。クロセチンは毛様体に働きかけ、低下したピント調節機能を回復促進する働きがあります。DHAは魚介類、特にマグロの目の裏側に豊富に含まれています。摂取方法は青魚を食べたり、サプリメントを服用します。人間の眼にも多く含まれており、摂取することによって調節機能が回復します。クロセチンと同様に血行促進や毛様体のコリを解消する作用があります。

DHAサプリの1日の摂取量

厚生労働省から日本国民の健康維持を目的とした基準でDHA・EPAの目標の摂取は1日1gと推奨しています。1gの摂取量は魚では90g以上、大きめの魚の切り身1切れ分と同じぐらいです。
刺身だと、マグロやハマチの場合は、2~5切れ程です。脂が多い魚がDHA・EPAの含有量が多く、なるべく新鮮なものを取るほど良いとされています。
焼く、煮るなど調理をすると含有成分の20%が流出してしまうので刺身などそのまま生で食べる事が理想ですが、魚の種類によっては調理したものでも十分DHA・EPAの含有量が含まれているものもあるので種類によって食べ分けもおすすめですが、毎日摂取が難しい場合にはサプリを活用して上手に摂りいれる事がおすすめです。

青魚を食べたときにDHA・EPAサプリを飲んでも意味がないの?

DHAやEPAサプリですが、いつ飲むのが効果的なのかということです。これらの成分はいわゆる「青魚」サバ、サンマ、イワシなどに多く含まれています。もちろんどれくらいの分量の魚を食べるかにもよりますが、一般的な一食分の魚であれば、サプリメントに含まれている程度のDHAやEPAは十分に含まれています。そして、これらの成分は、多く摂取すればするほどよいというものでもありません。
ですから、質問のとおり、青魚を食べた日にこれらを摂取してもあまり意味がない、魚を毎日食べるような人であればそもそも摂取する必要がないと言えます。過剰な摂取には気をつけるようにしましょう。