「健康」カテゴリーアーカイブ

運動が健康体へ導く

健康には運動も必要です
健康には運動も絶対に必要です。
運動と聞くと、メンドクサイ!苦しい!疲れる!などと、大人になるとイメージが良くないですよね。
でも、この辛く、厳しく、苦しむことが地味に身体を健康体へ導いてくれているのです。身体にある毒素、悪いものを運動で外部に出す働きをするイメージをお持ちいただければいいと思います。
でも、ここで勘違いしてはいけないのです。運動したからといっても、絶対健康体になるとは限らないのです。運動して身体を作っても病気になる人はなるのです。ただ、毎日何か、身体を動かしていると予防になるということなんです。代謝が上がるとか、ダイエットになるとか、運動すると健康に導かれているのですよ。という軽い考えで受け止めてください。

呼吸法で健康づくりをサポート

誰もが健康で健やかな生活を送りたいと願っています。昨今、注目されているのが「呼吸法」を用いた健康法です。緊張したり落ち込んだり、何かとストレスの多い現代人は呼吸が浅い傾向にあると言われます。十分な酸素を身体に取り込み、体内の不純物と一緒に二酸化炭素を吐き出すのが本来の呼吸ですが、細胞まで行き渡らない量の酸素しか取り込まず、浅い口呼吸になっているのが現代人の特徴です。何か抱え込みふさぎ込んだ時こそ、屋外で思い切り深呼吸をしてみましょう。この時のポイントは体中の細胞に活き活きとした酸素が行き渡るイメージで、思い切り空気を吸い込み、疲れた体内の不純物も一緒に吐き出す感覚で、ゆっくり吐き出します。これを繰り返す事で健康を維持出来るとしたら、案外お手軽な健康法だと思いませんか。

健康を保つためにもヨガがおすすめです

「ヨガ」は健康法の1つとして、近年、女性を中心に人気が高まっています。
呼吸の改善とストレッチが多くの健康効果を与えます。自律神経の正常化と活性化、ホルモンバランスの正常化、免疫力の向上、肩こりや冷え性の改善など、様々な効果が期待できます。ゆったりとしたヨガ独特の呼吸法とストレッチを行なうことによって、血行やリンパの流れが改善されます。血行が良くなることで、体温が上がり、肩こりや冷え性が改善されるのです。
また、正しい呼吸法を行なうことで、細胞が活性化されます。しっかりと呼吸することで、新鮮な酸素が身体全体に広がり、細胞が活発になります。細胞がしっかりと活動することで、より健康的な身体作りをすることができます。

女性特有の健康に関する悩み

健康を考えたときに、特に女性特有の体の悩みというものがあります。
たとえば「冷え性」です。これは、女性特有の病気のように言われていますが、じつは男性にも少なくはない症状でもあるのです。比較的に女性にこの症状が多いという理由は、筋肉が関係しているようですね。ひとつの対策として、体を鍛えて、パワーアップすれば改善されるかもしれません。あとは、血行や血流のことを考えてサプリメントを飲むとか、日ごろから体を冷やさないようにするとかですかね。日々暖かく過ごすようにしましょう。

よく噛むことの効果は、老化防止効果だった

老化防止のひとつに「噛む」というものがあります。効果としたは、唾がたくさん出るようになるので、消化にも良く、飲み込みやすくなるのです。
さらに噛むことで顔や首の筋肉をよく使うようになるため、筋力を鍛えることができます。また他にも噛むことの益は脳へ刺激を与えることです。たとえば朝寝起きは頭がよく働かないかもしれません。朝食でよく咀嚼をすることで、だんだん目が覚めてきます。同じように老化防止のために、常によく咀嚼することで思考を明晰に保つ助けになります。ですから食事の際は意識的に十分に噛むようにしましょう。すぐに飲む込まない習慣を培うことが鍵です。

健康成分海藻ポリフェノールで肥満解消

ポリフェノールとは、動物には存在していない、植物ならではの成分です。強い抗酸化力を持っているのが特徴です。
細胞が酸化すると健康や美容面にあらゆる影響が出てくることが考えられますから、それを防ぐ作用が期待できるポリフェノールは健康成分と言うことができます。海藻ポリフェノールは文字通り、海藻に含まれているポリフェノールです。ただ、このポリフェノールには他のポリフェノールとは異なる特徴があるとされており、それが脂肪に働きかける力が強いと言う点です。海藻ポリフェノールには、脂肪分解物質を阻害する作用があると言うことが実験によって明らかにされています。分解されなければ吸収もされませんから、そのまま体外へと排出されてしまいます。結果、そのことが肥満の解消や体重の増加防止につながると言われています。

テレビでも話題の「ラクトフェリン」健康効果が高い

テレビで話題のラクトフェリン
テレビなどでも取り上げられることの多い注目のラクトフェリン。テレビで紹介されるようになったことにより、ラクトフェリンの入った乳製品やサプリメントなどを一般的に入手しやすくなってきています。ラクトフェリンとは、乳製品に多く含まれる成分で、人間の母乳にも含まれています。特に生まれたばかりの赤ちゃんに飲ませる初乳に多く含まれており、それだけ人間の健康と元気に欠かせない成分であると考えられています。ラクトフェリンには、腸内環境の改善や免疫力の向上、歯周病の治療などさまざまな面で有効な成分であるとされています。乳アレルギーのある人は注意が必要ですが安全性が極めて高く、アメリカ食品医薬品局においても一般的に安全と認められる物質であるとされています。

ラクトフェリンは分解されてラクトフェリシンになる

ラクトフェリンとは、母乳・血液・汗・涙・唾液などに存在する感染防御機能を持ったタンパク質のことです。これは多くの哺乳類の母乳にも含まれています。もちろんヒトの母乳にも含まれ出産直後の母親の母乳には大量に含まれています。このことからも分かるように赤ちゃんの健康な成長に欠かせない物質であります。もちろん成人にとっても生体防御に大きな役割を果たす重要な物質です。
ラクトフェリンは胃の消化酵素であるのペプシンにより分解されラクトフェリシンに変化します。このラクトフェリシンはラクトフェリンに比べて抗菌力が数十倍、抗酸化力が数百倍となり抗菌性が増すとされています。よって胃で分解されたほうが効果的であると言えます。

ラクトフェリンの大きな魅力は腸溶性

最近は乳酸菌のサプリも、各社が独自の方法で様々なタイプのサプリが発売されていますが、その多くが胃の中で胃液に溶かされ、腸まで届かず効果を感じる事が出来ない物も多く見られます。本来は牛乳やヨーグルト、または野菜などで摂取する事も可能ですが、実際には腸まで乳酸菌は少なく働きも低下してしまう傾向が有ります。その問題を解消する為にラクトフェリンが開発され発売されましたが、ラクトフェリンの最大の魅力は、乳酸菌等の善玉菌を胃で溶かされずに腸まで届いて腸の働きを活性化させる腸溶性であると言う点です。腸溶性のサプリを開発するには、とても長い期間がかかりましたが、胃液の強力な消化力に負けないで無事腸まで届く製品は、現代の日常生活には欠かせない物になっていますのでラクトフェリンはこれからも需要が高まるでしょう。サプリメントタイプがおすすめですね。

ラクトフェリンを含む食品の選び方

ラクトフェリンを多く含む食品としては、ヨーグルトやチーズ、バターなどの乳製品が挙げられます。こうした食品を毎日摂取することができれば、腸内の環境をしっかりと整えることができるため、便通などの悩みの解消にも良いとされます。ラクトフェリンは、乳酸菌の中でも効果が長く継続するものとして位置付けられており、人体にとっても良い働きをすることが認められています。美容と健康に高い働きがあるので、とくに女性にはおすすめの健康成分なのです。毎日摂るようにしたいものですね。

ラクトフェリンのサプリメントについて

ラクトフェリンのサプリメントについて
ラクトフェリンは身体にたまった鉄分を、効率よく吸収させることのできるとても健康的な栄養素です。鉄分が不足しがちな方は多くなっていますが、身体には鉄分が多くたまっている状況という方も多くなっており、しっかりと栄養素として吸収することができていないため、結果的に鉄分不足となっていることが多くなっています。そのため、ラクトフェリンなどの鉄分の吸収を助ける栄養素は、とても重要なものとなります。そして、最近ではサプリメントとして、ラクトフェリンを摂取することができるようになりました。母乳や熱処理前の牛乳などに含まれるラクトフェリンは、普段の食事では摂取することが困難な栄養素のため、摂取する際にはサプリメントを活用するのが適切です。

ラクトフェリンをドリンクで摂取する

ラクトフェリンとは、母乳に含まれるタンパク質です。これは哺乳類に多く見られ、赤ちゃんが母乳で丈夫に育つのはこのラクトフェリンが影響しているのです。最近はこのラクトフェリンを摂取することで美容と健康によいということがわかり、大人になって摂取できるドリンクタイプのものがあります。この成分には、おなかにある善玉菌のビフィズス菌を増やす働きがあるのです。そもそも、ビフィズス菌の役目とは何か?それはお腹にある悪玉菌を除去することができるのです。ラクトフェリンのタンパク質によってこの善玉菌であるビフィズス菌を増やすことができるので、健康や美容に効果があるのです。これを摂取しやすいようにしたドリンクタイプのものがあり、とても飲みやすいのが特徴です。

ラクトフェリンを効率よく摂取する方法

ラクトフェリンは健康や美容をサポートし、健康維持にも働きかけることが期待されています。理想的な摂取量は、1日あたり300mgほどで、この位の量が効率的に体内で働きます。食物からも摂ることができるのですが、熱にとても弱い性質で、胃で分解されてしまうため、なかなか難しくなります。ラクトフェリンを効率的に摂取するためには、サプリメントなどの栄養補助食品をうまく利用する方法があります。これらを摂る際には、説明に書かれている適量を守ることが重要で、飲みすぎると、下痢や便秘といった症状を引き起こす可能性があります。
そして、薬を服用している方は、医師に相談するようにしましょう。特に牛乳アレルギーがある方は注意が必要です。過剰に摂るのではなく、適量を継続することで、その作用がより高まり、健康パワーを実感できるとされています。

ラクトフェリンとnk細胞の関係性

nk細胞はナチュラルキラー細胞と呼ばれており、体の中をパトロールしてくれている細胞です。がん細胞やウィルスを発見した際には、攻撃をしてくれるのです。体にとって、nk細胞はとての頼りになる細胞なのです。このnk細胞を活性化させるのがラクトフェリンです。ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれているということがあります。ヨーグルトから必要な分のラクトフェリンを摂取することは困難となっていますし、ラクトフェリンの量もヨーグルトによって異なってくるのです。最近ではサプリメントも販売されていますし、ラクトフェリンを多く含むヨーグルトも販売されているのでおすすめしますね。ウィルスの攻撃をしてくれることから、インフルエンザ対策にも良いと言われています。

DHAサプリの糖尿病に対する効果について

糖尿病には気をつけよう
糖尿病になりやすい方は親の遺伝というケースも多いですが、不養生な生活習慣が関係していることも多いです。生活が乱れていると栄養不足、ストレス、血行不良などにより、血糖値が急上昇してしまうことがあります。生活習慣のバランスが崩れている方におすすめのサプリが「DHA」であり、血糖値の急上昇を抑えてくれることがわかっています。血糖値は同じ数値まで上昇するとしても、そのスピードが遅いほど内臓全般への負担が軽減するのです。特にすい臓への負担軽減によって、インシュリンの分泌を安定させることができます。DHAサプリは糖尿病に悩んでいる方はもちろん、高血糖の方にもおすすめです。将来の成人病を防ぐためにも、食生活のバランス維持とDHAサプリの飲用を実践しましょう。

クロセチンとDHAサプリの関係

疲れ目の原因は、目のピント調節機能が深く関係していると言われます、遠くの方を見たり近くを見たりできるのは、水晶体を変形させてピントを合わせているからです。
スマートフォンやパソコンの画面をみたり読書する距離は、毛様体がもっとも緊張します。毛様体とは、目の筋肉のことです。文字を長時間見続けたり、目が疲れやすいディスプレイを使用し続ければ、目が疲労します。クロセチンは毛様体に働きかけ、低下したピント調節機能を回復促進する働きがあります。DHAは魚介類、特にマグロの目の裏側に豊富に含まれています。摂取方法は青魚を食べたり、サプリメントを服用します。人間の眼にも多く含まれており、摂取することによって調節機能が回復します。クロセチンと同様に血行促進や毛様体のコリを解消する作用があります。

DHAサプリの1日の摂取量

厚生労働省から日本国民の健康維持を目的とした基準でDHA・EPAの目標の摂取は1日1gと推奨しています。1gの摂取量は魚では90g以上、大きめの魚の切り身1切れ分と同じぐらいです。
刺身だと、マグロやハマチの場合は、2~5切れ程です。脂が多い魚がDHA・EPAの含有量が多く、なるべく新鮮なものを取るほど良いとされています。
焼く、煮るなど調理をすると含有成分の20%が流出してしまうので刺身などそのまま生で食べる事が理想ですが、魚の種類によっては調理したものでも十分DHA・EPAの含有量が含まれているものもあるので種類によって食べ分けもおすすめですが、毎日摂取が難しい場合にはサプリを活用して上手に摂りいれる事がおすすめです。

青魚を食べたときにDHA・EPAサプリを飲んでも意味がないの?

DHAやEPAサプリですが、いつ飲むのが効果的なのかということです。これらの成分はいわゆる「青魚」サバ、サンマ、イワシなどに多く含まれています。もちろんどれくらいの分量の魚を食べるかにもよりますが、一般的な一食分の魚であれば、サプリメントに含まれている程度のDHAやEPAは十分に含まれています。そして、これらの成分は、多く摂取すればするほどよいというものでもありません。
ですから、質問のとおり、青魚を食べた日にこれらを摂取してもあまり意味がない、魚を毎日食べるような人であればそもそも摂取する必要がないと言えます。過剰な摂取には気をつけるようにしましょう。

更年期障害におすすめのサプリメントと活用法

大豆食品をたくさん食べよう
更年期には、今まで正常だった女性ホルモンの分泌が変化することで、心と体に様々な不調が起こります。その具合や症状は人それぞれですが、日常生活に支障をきたすほど重い場合は更年期障害と呼ばれ、治療が必要になります。更年期障害には、病院での治療に加え、サプリメントを活用すると体全体のバランスが整いやすくなります。おすすめのサプリメントは、イソフラボンとエクオールです。
イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノールで、性ホルモンの代わりとなるような働きをすることで知られています。がんや骨粗しょう症を予防し、更年期障害の症状を緩和します。
そして、最近注目されているのが、エクオールです。エクオールは、イソフラボンが腸の中の細菌によって変化した成分で、イソフラボンよりも高い効果を発揮すると言われています。エクオールは、食品から摂取することも可能ですが、日頃から大豆や大豆食品を食べていない人は、腸の中でイソフラボンをエクオールに変える菌を持っていないため、サプリメントを活用することで効果的に摂取することができます。更年期障害はつらいものですので、自分に合ったものを選び、少しでも快適に過ごせるようにしましょう。

そもそも更年期障害とは?

更年期障害というものは、ホルモンバランスの乱れから来るもので身体的、精神的にさまざまな障害が起こることを指し、自律神経失調症のひとつとも言われているのです。
その症状は人により違いがあって、身体のほてり、大汗をかく、動悸や息切れ、太るや痩せる、頭痛、冷え、肩こり、腰痛やしびれなどなど。もっともっとあります。女性の場合なら、閉経や生理不順といった症状が多いです。40~60歳の間に起こる症状なので、その年齢が当てはまる方は、更年期障害について少しぐらいは知識があったほうが楽だと思います。
それから男性にも更年期障害はあります。今まで、男性には関係ないような扱いでしたが、最近では男性の更年期も認知されています。

更年期サプリには馬プラセンタが良い

「馬プラセンタ」などの様々な有用成分が含まれている更年期サプリは、40代以上の女性を中心に人気があり、早いうちから更年期対策として利用する方が多いのです。特に、馬プラセンタの効果については、人それぞれの体質などの関連があるため、個人差はありますが、その働きは高いとされています。一般的に、馬プラセンタの効能を実感できるまでには、長い時間が必要となりますので、継続して様子を見ながら判断するようにしましょう。

エクルオールは美肌に効くのかな

いま、美意識の高い多くの女性たちの間で、美肌に効果があるとして注目されている成分をご存知ですか。「エクオール」と呼ばれる、エストロゲンと同じような効果を持つ成分なんですが、男性の方は全く知らないと言う方が多いことでしょう。このエクオールには、シミやシワを予防したり、改善をさせる優れた美肌効果があると言われており、口コミでも大変評判が高くなっています。美容に優れた成分であるのと同時に、さまざまな病気の予防と改善に働きが高く、大注目されるものなのです。とくに更年期の症状対策に効果があるといわれています。